ナース

小顔治療は注射でOK

レディ

イベントにも合わせられる

髪型を工夫すれば流行の小顔に見せることはできますが、美容整形外科で治療を受ければ自然な小顔が目指せます。その施術がボトックス注射による小顔治療となっており、顔にメスを用いずとも、スッキリしたフェイスラインを手に入れられるのが魅力です。一般的に顔が大きく見えるのは、エラが横に張り出しているケースも多いのですが、そのエラ張りの原因は発達した筋肉にあります。筋肉は使い込むことで成長するため、エラで筋肉の肥大が起これば必然的にエラが張り出し、顔の面積が大きくなってしまうのです。そしてボトックスですが、この薬剤は筋肉の動きを弱める働きを持っており、その力を応用することで、エラの張り出しを制御します。注射を打つだけで良いのは素晴らしいポイントですが、お手軽なだけでなく、昼夜を問わず筋肉の動きを抑制してくれることも魅力です。例えば食事中の噛む動作はエラの筋肉を鍛える一因と分かっていても、意識的に力の加減をコントロールするのは難しくなっています。本人的には弱めたつもりでも、大きな力が加わっていることも少なくありませんが、ボトックス注射を受ければ意識せずとも抑えられるがメリットです。また、咀嚼の負荷を調節できた場合でも、寝ている最中の歯ぎしりをコントロールすることは流石にできません。この歯ぎしりもかなりの力が加わりますので、夜寝ている間に、着々と大きな顔が作られているケースも珍しくないのです。ところが美容整形外科でボトックス注射を受けておきますと、熟睡中も的確に筋肉の動きをブロックしてくれますから、無用なエラの張り出しを防げるようになります。大掛かりな治療と違って施術も手短に終わるため、ダウンタイムの心配もせずに済むなど、日常生活に支障が出にくいのもボトックス注射の魅力です。そのため意中の人とデートする場合をはじめ、コンパや披露宴など、何らかのイベントに合わせて治療を受けることもできます。これもボトックス注射による小顔治療の利点ですから、顔のエラ張りを抑えたい時にはとても重宝する美容整形です。